資格で保障されていること

資格で保障されていること

介護の仕事では、様々な国家資格があります。ある程度の資格をとった段階からもはじめられますが、最初はまったくの資格がない状態からもスタートできることが、良いところでもあります。どんな人でもやる気があればできるのです。
しかし、徐々に簡単な資格からとりはじめ、ステップアップできる道が明確に示されているところが、やりがいにつながるところではないでしょうか。
まずはヘルパーなどの資格に挑戦し、その上を目指していきます。介護福祉士になると一人前、という感じかなあと思います。
さらに、複数の資格をたくさん持っていると強いです。介護系の資格だけではなく、社会福祉士や精神保健福祉士を持っている人などは凄いですね。
また、経験を積んでケアマネジャー(居宅介護支援専門員)になるという道もあったりします。
経験を積み、資格を取りながら自分がどんなキャリアをデザインしていくのかということを考えながら仕事ができるし、それはほとんどが国家資格なので
きちんとした裏づけがあるのです。これが介護の資格の強みなのだと思います。
そして、その取得していった資格は必ず給与などの待遇や、地位にも反映されてきます。
最終的には施設長や管理者などの道が開けていくと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ